【医学部の受験対策におすすめ!】大阪・京都・神戸エリアで評判の予備校や塾をランキングでご紹介!

第5位 メビオ

おすすめポイント入試日直前まで集中して勉強できる環境を提供

医学部受験のための関西エリアのおすすめ予備校として最後にご紹介するのは、「メビオ」です。医学部受験のための予備校には全国展開する大手も多い中、メビオは大阪市内に1校のみを構えています。その理由は、講師の質を重視しているから。指導者の質に重点を置き、人材確保・育成のために校舎を増やすことをしていないのです。それだけに、メビオで指導にあたる講師の質は高く、実績を重ねた講師が揃っています。

メビオでの授業は、得意科目や志望校などによって分けられた少人数制クラスで進められます。学習を進めていく過程で他のクラスの方が適していると判断された場合でも柔軟に対応。一人ひとりの能力を最大限に伸ばすため、必要に応じて最適なクラスへの変更も可能です。また、メビオでの授業は1教科あたり3時間半という長さが基本です。この長さは生徒がわからない点を持ち越さず、最も効果的な時間と考えられています。3時間半集中して学習することで、学ぶ力をしっかりと身につけられます。

入試日まで手厚くサポートを行なっているのも、メビオの特徴です。日々の授業では、講師に加えてサポート専任スタッフも出欠状況や健康管理までをフォロー。さらに、入試日に備えて入試会場や宿泊ホテルの選定を行うほか、入試会場まで講師やサポートスタッフが同行し、入試直前まで直前対策講習も実施します。入試日当日まで勉強に集中できる環境に身を置けるので、安心して入試に臨むことができるのが、メビオを選ぶ大きなメリットといえるでしょう。

 

質の高い講師が揃う!少人数制クラスの予備校

最後にご紹介する「メビオ」は1980年に創設された、医学部・歯学部受験のための専門予備校です。指導者の質に重きを置き、人材確保と育成に努めてきた予備校なので、生徒を増やすための講師の増員を一切行っていません。そのため、他の大手予備校のような全国展開はしておらず、校舎は大阪・天満橋に1校のみとなっています。長く医学部・歯学部を専門として指導を行なっている予備校なので合格実績も多く、1校舎のみの予備校ながら、2018年の合格者数は国公立大を含む233名。非常に高い合格率を誇ります。

メビオの授業は、他の予備校にはない特徴があります。まず、少人数制ということ。講師が個々の理解度や指導効果を把握するために1クラスあたりの人数を少人数に抑えています。クラスは成績順ではなく、得意・不得意科目や志望校など同じ課題や傾向を持った生徒を集めて「共に考え、発表し、切磋琢磨」できるクラス構成としています。そしてもうひとつの特徴が、授業は1教科あたり3時間半という長さで行っているということです。この長さは、わからないことを持ち越さないための長さであり、生徒の理解度をその都度確認しながら、すべての生徒が理解してから次のステップへ進むというスタイルの授業となっています。

メビオでは、1年を春期講習、本科前期、夏期講習、本科後期、冬期講習~入試直前講習の5回の期間に分けた編成で進めます。学習を進めるうち、成績が変化した生徒に関しては、期間の途中でもクラスの変更が可能です。メビオの指導は、一貫して「生徒と徹底的に向き合うこと」を考えており、それぞれの生徒が持つ能力を最大限に引き出すためにクラスだけではなく時間割も柔軟に組み替えができるのも、メビオの指導方針と手厚いフォローアップから成る対応といえるでしょう。

基礎を鍛えて成績アップ!少人数制で集中できる学習環境

メビオでの指導法は、まず徹底的に基礎学力を鍛えるところから始めます。正攻法ともいえる方法ですが、基本を繰り返すことによって理解度をアップさせていくと、飛躍的に成績が伸びて大幅な学力アップができるからです。また、この指導法で潜在力を引き出して、想定以上の結果へつなげることも期待できます。

授業で使われるテキストは、経験豊富な主任講師を中心としたプロジェクトチームが責任を持って作成・編集を行なったオリジナルテキスト。直近の入試問題を分析してテキストの内容更新も行っており、最新の入試状況に合わせた傾向を把握し、対応力を強化できる内容です。メビオのオリジナルテキストは、随時更新を行うことで精度を高め続けている、効果的に授業を進められるものとなっています。

少人数クラスで授業を進めるメビオでは、生徒の成績だけに注目するのではなく、心のつながりを大切にしています。指導においても、学力プロフィールを元にして志望大学合格へ向けて得意科目をどう伸ばすか、不得意科目をどう補強するかといった指導方針を見極めて戦略を立てます。このような戦略を立てた上で、学習面のみならず生活面でのサポートを含めて、1年を通して生徒一人ひとりに寄り添いながら真剣に向き合います。

医学部受験のための環境として、メビオは集中できる環境を整えています。天満橋の校舎には、全73席の自習室を完備。パーティションで仕切られた個別スペースで、集中して勉強ができる空間です。自習中にわからないこと、疑問点が出た場合でも、自習室に隣接した講師ルームで質問する機会もあります。校内には、食材にこだわりながら専任スタッフが栄養バランスを考えたメニューが揃う食堂もあります。授業がない日でも、家庭での食事のようなおいしい食事を朝昼晩の3食を取ることができます。親元を離れて勉強に励む生徒には、寮母が常駐し、安全面、管理面がしっかりとした、集中して勉強できる快適な環境が整った専用寮も用意されています。

入試直前まで手厚いサポートで安心して勉強に取り組める

講師のほか、メビオではさまざまなサポートスタッフが揃い、多方面で生徒をサポートしています。サポート専任スタッフは、授業の出欠確認や健康管理、講師との間に立ってコミュニケーションを取るなど、生徒が集中して勉強できるように支える存在です。その他にも、アシスタントレディや設備・安全管理スタッフが、校内で生徒をバックアップしています。

メビオのサポートは、入会した時から保護者を交えて作成する一人ひとりの生徒の受験計画を元に学習を進め、後に迎える入試当日まで続きます。各大学の入試担当者による校内入試説明会を実施するほか、面接練習や小論文対策も実施。入試日直前には、メビオの校舎と宿泊先のホテルにおいて2日間の直前対策講習も行います。

受験期のサポートが非常に手厚いのも、メビオの特徴です。志望校で入試会場が複数ある場合は、メビオが試験会場の選定や宿泊先のホテルの予約手配までをサポート。生徒本人がこれらの手続きをする必要がありません。しかも、入試日当日は複数の講師とサポートスタッフが現地へ同行し、ホテルからの送り出しや講師の質疑応答への対応、体調管理などの面でしっかりサポートしてくれます。入試前日には、現地のホテルで面接練習も実施しています。入試直前まで講師やサポートスタッフによるフォローを受けられるので、生徒は勉強だけに集中できる環境で入試本番に実力を発揮できるのです。

医学部合格へ向けての日々の学習環境はもちろんのこと、最も重要な入試日当日まで細やかなサポートを受けられるという点で、メビオでの医学部受験対策は安心感が高く、メリットが大きいのではないでしょうか。