【大阪・京都・神戸エリア】医学部の受験対策におすすめ!口コミでも評判の予備校・塾をランキング形式でご紹介!

医学部受験をするために通う塾や予備校の学費はどれくらい?

医学部受験は大学受験の中でも最難関の難易度を誇り、受験生の多くは塾や予備校の力を借りなければ、試験を突破することはできません。

その難易度から医学部受験を対象とした塾や予備校では、一般的な受験対策以上に徹底した対策を行っているため、塾や予備校にかかる費用も高くなる傾向があります。

しかしながら、医学部受験では現役合格することは至難の業であり、中には二浪や三浪する方も珍しくないので、金銭面の負担をよく考えて塾や予備校を選択する必要があります。

ここでは、塾や予備校に実際にどれぐらいの学費を支払う必要があるのかという疑問への回答をまとめました。

 

医学部受験の塾や予備校に支払う費用の目安

医学部受験を対象とした塾や予備校にかかる学費は、どのようなスタイルで授業を行っているかによって大きく変わってきます。

どういうことかと言うと、一度に授業を受けられる人数が多ければ多いほど、授業を行うためにかかる講師やチューターなどの人件費を負担する生徒の頭数が増えるため、学費も安くなる傾向があります。

このため、一度にたくさんの生徒が受講できる大手の予備校の方が、少人数制や個別指導を売りにしている塾よりも、費用負担が少なくて済むことが多いです。

具体的な金額では、1年間の講座を受講した場合の学費の目安として、大手の予備校であれば50万円〜70万円程度、少人数制や個別指導塾であれば70万円〜100万円程度が相場と言われています。

ただし、この金額は主に現役生を対象とした夜間の講習を行っている塾や予備校における一般的な価格設定であり、例えば浪人生を対象とした全寮制の場合などでは200万円近くかかることもあります。

 

額面を見て塾や予備校を決めることの注意点

いくら塾や予備校の学費が安いからといって、額面だけでどこに通うかを決めてしまうのは得策であるとは言えません。

なぜなら、自分に合わない環境で学習を続けた結果、受験に合格できなかった場合、またもう1年余分に塾や予備校に通わなければならなくなってしまえば、本末転倒だからです。

そのような事態を招くことを防ぐためには、学費が多少高額であっても、最大限のパフォーマンスを発揮できる塾や予備校に通い短期間での合格を目指すことの方が、よほど経済的であると言えるでしょう。

また、学費が安価なことを謳っている塾や予備校の場合であっても、実はそれは基本料金だけのことであって、夏期講習や勉強合宿といった季節講習や模擬試験などにかこつけて、後から高額な追加費用を請求されることもあります。

金額で判断する場合にはトータルコストで考えるようにしましょう。

 

後悔しない塾や予備校の選び方のポイント

学費を基準として塾や予備校を選ぶ場合であっても、先にも述べたように、一番大切なことは学習環境が自分に合っているかどうかという点です。

この点を見極めるために、まずは許容できる学費の予算をあらかじめ決めておき、その範囲内で通える可能性のある複数の塾や予備校をリストアップしてみましょう。

その中から評判の良いところについて、実際に見学に行ってみるのが良いです。

できれば講師との面談や体験授業を受講するなどして、受験生自らが自分の目で環境を確かめることで、真に納得の行く塾や予備校を選択することができるでしょう。

 

医学部受験を対象とした塾や予備校に通うために必要な学費は、大手の予備校なのか、それとも少人数制や個別指導形式の塾なのか、その授業規模によって数十万円単位で異なります。

塾や予備校を選ぶ際には、額面だけに捕らわれるのではなく、学習環境が自分に合ったものであるかどうかを見極めて短期合格を目指せるところに通うことが結果として最も経済的です。

その判断にあたっては、体験授業を受けるなどして、自分の目で確かめることが大切です。

 

サイト内検索
大阪・京都・神戸医学部予備校ランキング!
第2位 駿台予備校
第3位 河合塾
第5位 メビオ
記事一覧