【大阪・京都・神戸エリア】医学部の受験対策におすすめ!口コミでも評判の予備校・塾をランキング形式でご紹介!

医学部受験のためにどのような科目を勉強するべき?

医者になりたい人はとても多く、医学部の倍率はとても高いです。

受験競争で勝ち抜くためにも早めに受験勉強を始めなくてはなりませんが、一体、何をどう勉強すれば良いのでしょうか。

これは医学部を受験する際に最も大事な問題ですので、自分の志望している大学の受験内容を詳しく調べて分析する必要があります。

しかも、国公立大学と私立大学によってもガラッと受験内容が変わるほどですから、事前の分析は欠かせません。

 

国公立大学を受験する場合は幅広い知識が必要

国公立大学の方が学費の面でも負担が少なくなりますし、とても人気が高いのですが医学部受験する際の受験科目数が多くなるので大変でしょう。

まずは、センター試験を受験しなくてはなりませんが5教科7科目を受験しなくてはなりません。

理系とは言え、社会科ももちろん受験しなくてはなりませんから、苦手な人にとってはここを克服しないと勝ち残ることができなくなります。

理科に関しては理科①と言う基礎を付した科目を受験することができないので特に注意が必要です。

物理・化学・生物の中から2教科を選びますが、国公立大学の中には物理と化学を受験するように決まっていることもあるので必ず確認してください。

その後に個別学力検査があり、前期日程は学科試験(英語、数学、理科2)と面接試験を受けます。

中には国語も受験しなくてはならない大学もありますので、自分の志望大学の情報を確認しましょう。

後期日程では小論文か総合問題にプラスして面接を受験します。

中には学科試験を行う大学もあるので、必ずしもどこの国公立大学も同じであるわけではありません。

 

私立大学の方が受験性の負担が少なくて済む

人間ですから、苦手な科目があっても仕方がありません。

医者を目指しており、理系ならいいけれど文系は苦手だという人にとっては、私立大学に的を絞った方が医学部受験がうまくいくのではないでしょうか。

私立大学の場合は国公立大学とは違って必ずしもセンター試験を受験しなくてはならないわけではありません。

たいていの大学は独自で受験問題を作成しており、受験科目は英語、数学、理科2科目だけで済みます。

国語や社会が苦手な人はこれらが入っていませんので、受験勉強の負担を軽くすることができるのかもしれません。

そして、小論文・面接もありますので、こちらの受験対策も行っておく必要があります。

以上が一般的な私立大学の医学部受験ですが、どこの私立大学も以上のような受験を行っているわけではありません。

たいていの大学では理科は物理・化学・生物から2科目選びますが、1科目だけで良い大学もありますし、小論文や面接を行っていない大学もあります。

 

大学によって試験内容が大きく変わる

国公立大学か私立大学かによっても試験の内容は大きく変わりますがそれぞれの大学に特徴があります。

小論文に関してはどのような出題傾向があるのかを研究して、練習を繰り返しておくと良いでしょう。

面接ではどのようなことが聞かれることが多いのかを研究しておき、堂々と答えられるようにしておいてください。

学科試験の出題傾向はそれぞれの大学で特徴がありますので、過去問題を解いてその傾向をつかんでおきましょう。

このため、過去問題はたくさん解いておいた方が良いので、過去問題をたくさん取り寄せて解いておくと良いです。

 

どこの大学を受験するのかによって、これだけ試験内容が変わりますから、受験勉強も変えていかなくてはなりません。

私立大学もセンター試験を導入している大学が多いので、センター試験対策もしておいた方が良いでしょう。

特に医学部受験は狭き門ですし、小論文や面接のことまで考える必要がありますので、やらなくてはいけないことがたくさんあります。

自分が行きたい大学の受験傾向をしっかりと分析する必要がありますので、予備校などの情報を駆使して勉強を続けていくと良いかもしれません。

 

サイト内検索
大阪・京都・神戸医学部予備校ランキング!
第2位 駿台予備校
第3位 河合塾
第5位 メビオ
記事一覧