【大阪・京都・神戸エリア】医学部の受験対策におすすめ!口コミでも評判の予備校・塾をランキング形式でご紹介!

大阪・京都・神戸エリアの医学部受験で苦労しやすいポイント

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/09/20

大阪・京都・神戸エリアで医学部受験を考えているのであれば、どのような点で苦労しやすいのか知ることが大切です。医学部受験は他の大学受験より勉強量も多く、費用もかかる傾向です。

今回はそのような医学部受験について、大阪・京都・神戸エリアの方向けに苦労しやすいポイントなどを解説しますので医学部を目指す際の参考にしてみて下さい。

苦手科目の克服が大変であること

医学部受験において苦労するポイントは、苦手科目を克服するのが大変な点です。医学部受験で苦手科目があると合格するのに不利になってしまうので、早めの対策が必要になります。

苦手科目こそ時間をかけて勉強する必要があります。 しかし苦手科目はなかなか覚えられないので、後回しにしてしまう受験生が多いのではないでしょうか。

医学部受験は覚えなければならないことが膨大にあるので、ついつい苦手科目を後回しにしてしまう傾向です。したがって苦手科目は克服するためにも、一日一回は勉強することがポイントになります。

毎日勉強することによって苦手な科目であっても徐々に慣れていくことができるからです。また、講師に苦手科目を伝えておくことも有効です。講師に苦手科目を伝えておいて、その苦手な問題を積極的に出題してもらうように依頼しましょう。

他にも自分の苦手科目を、その科目が得意な受験仲間に話してアドバイスをもらうことも有効です。

努力しているのになかなか成績が伸びないこと

自分では努力しているつもりなのに、その努力が成績に反映されないも苦労を感じることが多いのではないでしょうか。日々の勉強は順調なつもりでも、模試になると成績が下がってしまう方もいるでしょう。

医学部受験は膨大な量の勉強を行わなければならないので、その努力が結果に出ないのはとても辛いことです。そんな時は努力の結果が出なかった悔しさをバネにして、冷静になることが大切です。答案を見て何がダメだったのかを冷静に分析して、次の模試に活かすようにしましょう。

自分で分析を行っても成績が伸びない場合は、個別指導を受けるのも一つの手です。受験のプロである個別指導の先生に教えてもらうことによって、効果的に勉強を進めることができるからです。

またどのような勉強法が自分に合っているかわからない場合は、とにかく色々なことを試してみることがポイントになります。さまざまな勉強法を行うことによって、自分に合った勉強法を見つけることができ、成績アップにつながります。

モチベーションを維持することが難しいこと

勉強を始めた頃は、絶対に医学部に合格すると意気込んでいたのに、時が進むにつれてその思いが弱まってしまい、モチベーションを維持することが難しくなってしまうケースが多いのではないでしょうか。医学部受験において一番苦労するポイントは、勉強に集中できない日がある点です。

集中力がないと、予定していた勉強のノルマを終わらせることができなかったり、机に向かってもはかどらなかったりすることがあります。そんな時は机に向かうのは無駄だと考える方もいるかもしれませんが、そんな時であっても机に向かうようにしましょう。いつもできる勉強量の半分以下であっても、やらないよりはマシだからです。

自分のモチベーションを変えるのはなかなか難しいので、モチベーションが低い日であっても勉強が0にならないように、やる気がなくてもとにかく机で勉強することがポイントになります。一度勉強から離れてしまうと、戻るのが難しくなるので注意が必要です。

 

このように大阪・京都・神戸エリアで医学部受験をすることは、苦手科目を克服しなければならない点や成績が伸びない点、モチベーションが上がらない点などの苦労するポイントが出てきます。

大阪・京都・神戸エリアで医学部に合格したいのであれば、それらの苦労するポイントをよく理解して対策することが大切です。

サイト内検索
大阪・京都・神戸医学部予備校ランキング!
第2位 駿台予備校
駿台予備校の画像
第3位 河合塾
河合塾の画像
第5位 メビオ
メビオの画像
記事一覧