【大阪・京都・神戸エリア】医学部の受験対策におすすめ!口コミでも評判の予備校・塾をランキング形式でご紹介!

社会人が医学部受験に合格するためには?

医学部受験は大学の中でも最難関といってもよく、合格のためには一日のかなりの時間を費やし勉強をするという人が大半です。

しかし現役では合格でなかったり、自分には無理だと感じて、一度は社会人として働くことを決めた人の中にも、やはり医師になる夢を諦めることができず医学部受験を再び考えているという人も少なくはありません。

しかし社会人として働きながら、医学部に合格するのは並大抵なことではないということは、頭においておかなくてはなりません。

ただ闇雲に勉強をするのではなく合格できるためにきちんと計画を立て貴重な時間を無駄にしないように勉強していく必要があります。

 

自らのレベルを知り必要な勉強を決める

一度勉強から離れてしまうことで、現役時代よりも学力が下がってしまっているという人は、かなり多いです。

改めて自らの学力がどの程度なのかをチェックし、適している勉強内容と方法を決めていかなくてはなりません。

勉強期間は一年で合格の兆しがあるのか、働きながらということもあり数年かけて学んでいくのかも決めておくべきです。

モチベーションを保つことはそう簡単なことではないからこそ、きちんと目標を立ててモチベーションキープに努めることも合格のためには必要不可欠と言えるのではないでしょうか。

 

予備校をうまく利用して合格を目指す

社会人が個人のみで勉強をし、医学部受験に合格することはかなり困難ということは明らかです。

少しでも合格できる確率を高めるために役立つのが、予備校の存在ではないでしょうか。

予備校ならば合格のためのノウハウがあり、カリキュラムに従って学んでいけば良いので、どうやって学べば効率が良いのかわからないという人も安心できます。

講師に相談することもできるので、精神面でのサポートという面でも役立つのではないでしょうか。

周りに同じような目標を持った人がいない社会人となれば、自らの意思のみで勉強を長期間継続させることは簡単なことではありません。

予備校に通うことで、同じ目標を持ったライバルもいるので競争心も生まれ、講師によるアドバイスやサポートももらえるので、良い刺激にもなります。

社会人で合格を目指すならば予備校は重要と言えます。

 

時間管理とモチベーションのキープ

合格できる人は勉強を人一倍頑張ることができて、吸収率がよく効率的に学ぶことができる人というのはもちろんのこと、モチベーションのキープができる人かということも大切です。

医学部合格を一年で目指すといっても、勉強時間は本人のレベルや目指す大学による違いもあります。

しかし想像している以上に、毎日勉強漬けとなることは覚悟しなければなりません。

仕事をしている時間は勉強が当然できないので、帰宅してから学ぶことになり、現役生と比べると勉強に使える時間は限られたものとなっています。

すでに理系科目や英語を履修済みとなれば、勉強時間を減らしても合格できる可能性もありますが、そうではない人や、ブランクがあるとなれば、一年での合格はかなり困難と考えておくべきではないでしょうか。

しかし迷っている期間は最も無駄な時間ということは確かであり、チャレンジするならば迷わずすぐに始めておくべきです。

受験が先延ばしになればなるほど、合格率も下がると考えておくべきです。

 

医学部の再受験は年々増加しており、社会人が受験することも珍しいことではありません。

しかし年齢が上がれば、その分医師として働くことができる期間も短くなるということであり合格は想像している以上に難しいことは確かです。

再受験に寛容な大学を受験するなど、情報をしっかりと集めて合格できる可能性を少しでも高めていくようにしましょう。

予備校も現役に強いのか、再受験者へのサポートも手厚い中など、異なる点は多いので予備校選びも重要なポイントとなってきます。

 

サイト内検索
大阪・京都・神戸医学部予備校ランキング!
第2位 駿台予備校
第3位 河合塾
第5位 メビオ
記事一覧