【大阪・京都・神戸エリア】医学部の受験対策におすすめ!口コミでも評判の予備校・塾をランキング形式でご紹介!

医学部受験をするために予備校に通うメリットとデメリット

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/02/22

大学受験をする中でも医学部は最難関であり、簡単に合格することができるわけではありません。

他人の命や健康に携わる職業に将来就くということもあり、難関となっているのは当然のことではないでしょうか。

受験に備えてしっかりと勉強をし、準備や対策を進めていくことになります。

独学も良いですが、医学部受験をする人の大半が予備校に通っています。

一口に予備校といっても全国各地に存在しており、それぞれ異なる点も多いのでしっかり比較してから選ぶようにしなければなりません。

しかしまずは、予備校のメリットとデメリットを理解し、自分にとって必要かを判断することから始めるべきではないでしょうか。

 

予備校を利用するメリットについて

予備校は受験対策に必要となる重要なポイントに的を絞りこんで学習することができるので、受験までの限られている時間の中で、効率よく学んでいくことができます。

カリキュラムが完備されているのはもちろん、合格者を出している実績に基づいたノウハウがあるので、独学よりもポイントを絞り込み学べます。

実際に合格した人が講師として教えてくれるとなれば、説得力もあり精神的にも頼れるのではないでしょうか。

医学部合格のためには、長い期間勉強を継続させていることが必須であり、続けられるモチベーションが必要になってきます。

独学となればモチベーションの維持は難しいケースが多いですが、予備校に通うことにより同じ目標を持ったライバルによる刺激や、頼りになる講師がいて相談もできるのでモチベーションを保つことができるというのも、メリットの一つと言えます。

 

予備校に通うデメリットはあるのか

予備校を利用したからといって必ずしも合格すると保証されているわけではなく、あくまで本人のやる気と学力といった力が追いついているのかが重要になってきます。

高額な費用がかかり、通う時間も費やすことになりますが、それに見合う合格という結果を得ることができるのかを考えなくてはいけません。

予備校に通うことにより、金銭面の負担は大きいということは、頭に置いておくようにしましょう。

大人数での集団受講となれば、自らのレベルに合っていないとついていけなかったり、簡単すぎて役に立たないと感じてしまうケースもあります。

レベルに合っているのかが大切です。

集団での受講に対して抵抗がある人の場合には、予備校は適していないと感じることもあるので、気をつけなくてはなりません。

 

適した予備校選びが重要なポイント

一口に予備校といっても、料金や授業スタイルカリキュラムや講師など異なる点は多々あり、自分に適している予備校を選ぶことが重要です。

本来ならば予備校で学ぶことが適しているタイプの人でも、自分に合わない先を選んでしまうと時間を無駄にしてしまうことになりかねないので気をつけましょう。

マンツーマンでも教えてもらえるのか、グループで教室で学ぶことが基本となっているのかという違いも理解しておかなくてはなりません。

医学部専門の予備校は、独自のカリキュラムや受験成功のノウハウを持っています。

料金や通いやすい場所にあるのか、そして続けて通える雰囲気かを考えて選ぶようにしましょう。

 

体験や見学が実施されている場合には、必ずチェックしておくべきです。

中には夏期講習や冬季講習といった、決まった期間のみ参加できる予備校もありますが、どの場合でもそれぞれのメリットとデメリットを理解してから選ぶようにしましょう。

限られた貴重な時間を、有意義に使うことができるのかが、合否の分かれ道と言えるのではないでしょうか。

医学部受験に備えて予備校に通うことは、当たり前と考えている人が多いですが、成功させることができるのかは予備校選びにかかっているといっても言い過ぎではないので、よく吟味してから決めましょう。

サイト内検索
大阪・京都・神戸医学部予備校ランキング!
第2位 駿台予備校
駿台予備校の画像
第3位 河合塾
河合塾の画像
第5位 メビオ
メビオの画像
記事一覧