【医学部の受験対策におすすめ!】大阪・京都・神戸エリアで評判の予備校や塾をランキングでご紹介!

大阪・京都・神戸エリアで医学部受験に必要な偏差値について

医学部の受験は一般的な大学受験とは異なる部分も多いため、対策をしっかりと講じている「医学部受験に特化した予備校」を選ぶことがとても重要です。

そこで今回は、「大阪・京都・神戸エリアでの医学部受験に必要な偏差値」に注目しながら、医学部受験のための予備校を選ぶ際のポイント等、「大阪・京都・神戸エリア」で医学部受験を目指す際に役に立つ情報を様々な角度からご紹介します。

 

医学部受験に必要な偏差値は各大学によって様々

大阪・京都・神戸エリアで医学部に合格するためには最低でも60以上の偏差値が必要といわれています。

しかし「京都大学」「大阪大学」といった国立大最難関の医学部となると、たとえ偏差値が70以上であっても決して油断はできません。

また、国公立大医学部の偏差値の方が私立大医学部よりも比較的高いといわれていますが、私立でも「大阪医科大学」などのトップクラスとなるとやはり国立大最難関医学部と同レベルの偏差値が必要になります。

以上のように、合格に必要な偏差値は各大学によって様々です。医学部合格を目標とするならば、自分の実力を「志望大学レベルの偏差値」まで上げることだけをひたすら考えるのではなく、偏差値を志望大学選びの一つの情報として捉え、その他の情報と照らし合わせながら、自分自身に合った医学部を見極めることもとても重要です。

予備校を選ぶ際も、偏差値アップを重視した対策だけでなく、リサーチ力・分析力にも定評のあるところを選択することが大切であり、医学部合格へのカギになるといえるでしょう。

 

医学部受験のための予備校を選ぶ際のポイント

「医学部受験=大手予備校」と一般的に思われがちですが、最近は医学部受験に特化した家庭教師派も大変注目を集めています。

1対1で懇切丁寧な指導を毎回受けることができる上、派遣する家庭教師の質も高レベルと好評です。

医学部受験のための予備校も、家庭教師派遣同様、受験生一人ひとりにきめ細かな指導ができる体制があるかどうかが重要なポイントになります。

そのような意味では少人数制個別指導のある予備校が大変おすすめです。

また大規模予備・校小規模予備校と分けた場合にも、それぞれのメリットが浮かび上がってきます。

例えば大規模であればそれだけ生徒数も多く、過去の実績や受験データといった情報を豊富に入手することができるため、非常に効率の良い学習が行うことができます。

一方小規模な場合は、それほど多くの実績・受験データを得ることはできませんが、大規模ではなかなか難しい受験生一人ひとりに寄り添った手厚いサポートを行うことができます。

予備校を選ぶ際には、以上のような「それぞれのメリット」をはじめとする各校の情報を可能な限り収集し、十分に比較・検討されることをおすすめします。

 

大阪・京都・神戸エリアのおすすめ医学部受験予備校・家庭教師派遣!

大阪・京都・神戸エリアの医学部受験におすすめしたい予備校・家庭教師派遣をご紹介します!

おすすめの予備校としてはなんといっても「中央受験センター」です。

小学校受験から大学受験まで幅広い分野に対応し、中でも医学部受験に特化したコースが用意されています。

超難関校への合格実績を残す確かな実力と経験を持ち、勉強面だけでなく進路相談にも乗ることができるプロの家庭教師が多数所属しています。

そのプロの家庭教師をプロの学習アドバイザーが人柄や指導力を考慮したうえで各家庭に派遣しています。

その派遣エリアは関西エリアをカバーしているのです。

また大阪市内で国公私立医学部合格率85%以上を誇る完全個別医学部指導塾を運営、大学医学部受験に対し確かな実績とノウハウもしっかり持っているのでおすすめです。

 

サイト内検索
大阪・京都・神戸医学部予備校ランキング!
第2位 駿台予備校
第3位 河合塾
第5位 メビオ