【医学部の受験対策におすすめ!】大阪・京都・神戸エリアで評判の予備校や塾をランキングでご紹介!

これだけは覚えておきたい!大阪・京都・神戸エリアの医学部受験での注意点とは?

関西の大阪・京都・神戸で医学部合格を目指す場合、偏差値が高いといわれるような高校でも合格実績のない学校が多く、実際一部の高校に医学部の合格者が偏っている状況です。

医学部の合格に実績のない高校に通っている場合、周囲と同じような勉強の進め方だと現役での合格が望めないのはほぼ間違いありません。

高校3年生の秋頃に学校の勉強が終わり受験まで半年もない状況で取り組んだ結果、結局合格できない人が多いのです。

医学部合格を目標にした勉強とは

医学部に合格するにはできるだけ早くから合格することに特化した勉強を始めることが必要です。

学校の授業進度は関係なく先取りして課題をこなしてゆく

まだ学校で習っていないから、というのはいいわけでしかなく、医学部に現役で合格するためには、学校の勉強進度は関係なくどんどん進んでゆくことが大切です。

また、部活と医学部受験の両立を考えている人もいますが、医学部受験は自分が想像する以上に厳しく、相当な努力と自己管理能力が必要となるため両立は難しいと考えた方がいいです。

また、医学部を受験するためには塾や予備校選びも大切になります。

大阪・京都・神戸エリアは医学部受験を扱う多くの塾や予備校があります。

その中から自分にあった場所をどのような基準で選ぶか、それは合格を目標として医学部を受験することに特化した勉強を進め、その都度、担当者との面談を通して成績と進捗状況を確認していける、合格への最短距離の学習環境を提供してくれる場所ということになります。

家庭教師と個別指導のどちらが良いのか、有名な講師がいる塾はどこなのか、またどんな課題の進め方をしているのか、どれだけ親身になって相談・指導してくれるのかなどを比較検討して自分にあった最適な環境を提供してくれる場所を選ぶことが必要です。

早い時期から塾や予備校に通うことが大切

医学部受験を目指すなら早くから入塾し、勉強を開始することが合格への近道になります。

できるだけ早期に数学と理科の基礎を完全に習得し、センター試験で高得点をとることを目標とした課題管理が大切になるからです。

こういったことも塾や予備校に通っていれば担当や周囲のアシストにより無理なく進捗し得意分野は無論、苦手分野を早期に発見し効率的に克服するための課題を着実にこなしてゆくことができます。

また、どの大学の医学部を目指すのかによっても受験内容と傾向が異なるので、早々に対策が必要になります。

大阪・京都・神戸には多くの塾や予備校がありますが、ポイントはまず医学部受験に特化したところを選ぶことです。

理由は今までに述べた通りで、最難関といわれる医学部受験を乗り越えるためには無駄な時間を過ごすことはできません。

大学によっては面接や小論文での選考もあるため、そういったことへの対策がとられているかどうかも考慮する必要があります。

その点、医学部受験をよく知った講師がいる、合格実績が豊富で難関医学部受験にも合格者が多いといった予備校を選べば手厚く対応してもらえることができます。

なるべく早い時期に自分にあった予備校を選び、毎日の学習習慣を身につけると同時に自己管理できる力を早期に養うことが大切です。

注意点と医学部受験は現役生が有利な現状

現状、社会的な背景として医師不足から現役生が有利であるといわれています。

予備校や塾は大学合格のためのプロの集まりですから、性別や年齢別の大学ごとの合格者の傾向も承知しています。

そうであればよけいに現役合格を目指すことが望ましいわけです。

浪人してから予備校に通うのであれば、現役生の時からできるだけ早いうちに医学部受験に特化した勉強を開始した方が有利になるのは明らかです。

関西地区、大阪・京都・神戸にはたくさんの予備校や塾があります。

早期に医学部受験に特化した勉強を始める方が有利な理由は先に述べました。

それでは選ぶ際にどんな点を考慮すればよいのか注意点を簡単に書きます。

まず、自分が受験しようと思っている医学部の今までの実績が示されているかどうかです。

表示されていれば過去のデータを持っているということです。

次に国公立や関西の4つの私立大学医学部といった難関医学部を受験する生徒の数と合格者数です。

難関医学部を受験する生徒の人数と合格者が多ければ多いほど講師陣のレベルも高くなってきますし、授業内容も充実しているといえるからです。