【医学部の受験対策におすすめ!】大阪・京都・神戸エリアで評判の予備校や塾をランキングでご紹介!

大阪・京都・神戸エリアの医学部受験は面接や小論文の対策も行うべき!

大阪・京都・神戸エリアで医学部受験を目指して頑張っている方も多いことでしょう。

どうしても対策の中心は学力的な部分に偏ってしまいがちですが、実はそれ以外の部分も入試ではチェックされます。

意外と手薄になりがちな面接や小論文についてもしっかり準備をしておき、合格に少しでも近づいていけるようにしてみましょう。

入試の内容をしっかりチェックして

大阪・京都・神戸の医学部受験を決めたら、まずは受験する可能性のある学校の入試の内容をチェックすることから始めてみましょう。

教科や配点、出題傾向などを掴んでいくことによって、適切な対策をとることが出来るようになります。

こうしたことを把握しないまま、ひたすら勉強を積み重ねていくという形では非効率的です。

高いレベルの知識が求められる医学部受験ですから、やはり効率は重視していかなくてはなりません。

努力の方向性を間違えるとせっかくの努力が活かせないという事にもなってしまうのです。

だからこそ始めに医学部受験できちんとやるべきことを把握しておく必要があります。

教科の傾向だけではなく、面接や小論文などの有無、どのようなことがこれまで問われてきているのかについても確認しておくことが必要です。

こうしたものについては知識を入れることで対応できるものではなく、長い時間をかけて場数を踏んでいく必要があるので、他の科目よりも早めに対応する必要があるのです。

まずは入試で何をするのかということを確認してみましょう。

面接は回数をこなすことが必要になる

大阪・京都・神戸の医学部受験で面接が課されているという事もあります

そのような場合は是非面接への対策もしっかり行っていきましょう。

特に対策が必要ないのではないかと思う方も多いでしょうが、ちょっとしたしぐさや話し方などいろいろなところを見られることになります。

医師として活躍するという事を考えると、人への対応の仕方や話し方などは重要なポイントになりますから、重視されることも多いものです。

話す内容をきちんと把握しておくという事はもちろんですが、やはり面接の練習を行い経験を積んでいくということが必要になります。

本番では決まったことだけを聞かれるとは限りません。

思いもよらないような質問をされることもあります。

そのようなときに経験が足りないと焦ってしまい、思うような対応が出来なくなってしまう事もあります。

経験を積んでいろいろなパターンに対応していくようにすれば、本番で焦るということが少なくなっていくのです。

また、問題点なども指摘してもらいやすくなり改善していくこともできるようになります。

小論文の対策もしっかり行う必要がある

意外と手薄になりがちなものとして挙げられるのが小論文です。

なかなか個別に練習をする機会も少ないので、年に数回学校で行われるテストだけで対応しているという方がほとんどではないでしょうか。

しかし、小論文も面接と同様に、いろいろな問題に対して何度も対応していくことで上達していくものでもあります。

やはり回数を増やしてみる事は必須と言えます。

特に重要なのが人に見てもらう事です。

書いた自分では、読み手に伝わりにくい部分などが分かりにくいですし、誤字・脱字があっても気が付きにくいものです。

自分だけで練習をしていても上達には繋がりにくくなります。

予備校などで添削を受けて、それを見直していくことが必要になります。

復習の際には点数ではなく指摘されている内容をよく見るようにしてください。

よく間違える漢字や言葉遣いについてはメモしておくと、本番前にチェックするポイントとして役立ちます。

問われる内容も学校によって異なります。

自分の受験する学校の出題傾向を見て、それに近い課題での演習を中心に行ってみましょう