【医学部の受験対策におすすめ!】大阪・京都・神戸エリアで評判の予備校や塾をランキングでご紹介!

医学部受験をする際の大阪・京都・神戸エリアの予備校の選び方とは?

医学部は他の学部よりも入試偏差値が高いので、医学部受験専門の予備校で試験対策をすることが必須です。

最近は私立大学でも医学部の偏差値が上がっているので、相応の受験対策をしなければ試験に合格することができません。

予備校選びがその後の人生を決定してしまうといっても過言ではありません。

大阪・京都・神戸エリアには医学部受験コースを設置している予備校がたくさんあるので、自分に合った学校を選ぶことが大切です。

授業・指導方式を比較して選ぶ方法

大阪・京都・神戸エリアは大学の激戦区で、多くの大学があります。

国公立大学の医学部の他に私立大学も医学部を設置している学校がたくさんあり、日本全国から多くの受験生が集まります。

大阪・京都・神戸エリアは難関大学が集まる地域なので、受験対策の予備校も多いです。

医学部受験の予備校の選び方のひとつは、指導法式を比較することです。

医学部受験コースは、個別指導と集団指導の2種類のタイプがあります。

地方であれば集団指導の学校しかありませんが、大阪・京都・神戸エリアであれば完全個別指導型の学校も選ぶことができます

集団指導は1クラスあたり数十人の教室で1人の講師が指導を行い、受験生は講義のペースに合わせて学習を進めます。

集団指導だと苦手科目の勉強に遅れてしまう恐れがありますが、個別指導よりも学費が安いというメリットがあります。

これに対して完全個別指導方式であれば受験生に合った方法・ペースで授業が進められます

完全個別指導方式だと効率的に勉強をすることができるというメリットがあり、合格率が高くなります。

ただし個別指導方式の学校を選択すると、学費が高くなってしまうというデメリットがあります。

受験予定の大学に合わせた選び方とは

指導方式を選んだら、学校の規模・実績・受験校の種類を比較するようにしましょう。

集団指導方式であれば駿台や河合塾など大手予備校の医学部コースか、医学部の受験対策に特化した学校のどちらかを選ぶことができます。

医学部を受験する場合には、総合大学と単科大学のどちらかを選ぶことになります。

総合大学であれば京大・阪大・神大・大阪市立大・近大などが挙げられます。

単科大学であれば、京都府立医大・大阪医科歯科大学・関西医大などがあります。

総合大学の入試問題は他学部と共通問題が多く、医学部を受験する人にとっては問題自体の難易度はさほど高くありません。

総合大学の入試問題は標準的な“良問”が多いのですが、合格するためには高得点を取ることが求められます。

これに対して単科大学の入試問題は難易度が高く、難問・奇問が出題される傾向があります。

単科大学の問題はクセや出題傾向が決まっているので、過去問対策に力を入れることで点数を取りやすくなります。

受験予定の学校によって受験対策の方法が違うので、予備校の選び方で合格率が大きく左右されます。

総合大学を受験する場合には、センター試験対策コースや難関国公立大学の他学部向けのコースが設置されている大手校でも対応ができます。

単科大学(医科大学)を受験する場合には、医学部の受験対策に特化した専門の学校を選ぶ方が良いでしょう。

自分のライフスタイルで選ぶ方法

受験対策をする場合には、授業の指導方式・受験対策の学習内容以外にも検討すべき点があります。

受験対策期間のライフスタイルを考えて、予備校を選ぶことが大切です。

大阪・京都・神戸エリアであれば、浪人生の多くは自宅から学校に通学しながら受験勉強を進めます。

医学部を受験する場合には他の学部よりも高い学力が必要なので、家族に邪魔されない環境で勉強に集中をする目的で全寮制の学校を選択して受験対策を進める受講生もいます。

関西地区には寮が完備されている予備校があり、食事や宿泊場所が整えられています。

受験勉強に集中したい人や地方に住んでいる場合には、全寮制の学校を選択する方法もあります

全寮制の学校では起床や食事などの時間が決められているので、朝型を保ちたい人におすすめです。

全寮制の予備校を利用すると食費や寮を利用するための費用が必要ですが、通学を選択する場合よりも多くの時間を受験勉強のために充てることができます

ちなみに大阪・京都・神戸エリアであれば、完全個別指導型の学校でも寮を利用することができる学校があります。