【医学部の受験対策におすすめ!】大阪・京都・神戸エリアで評判の予備校や塾をランキングでご紹介!

医学部受験の為に予備校に通うのと独学で勉強する違いは?

医学部受験をするための勉強方法には、独学と予備校があるので、どちらがよいか考えた上で選定しましょう。

それぞれの違いをきちんと知った上で、最適な勉強方法を選べれば、希望する医学部に受かる確率がグンと上がります。

 

独学で勉強をする場合のメリット

独学で勉強する場合の一番のメリットは、やはり自身の都合で学習時間を決められることでしょう。

何かしらの施設に通う必要はないため、やりたいときに勉強を行って、やめたいときはすぐに中断することができます。

そのため、すでに社会人になっていて、予備校に通うことが難しいのなら、独学という勉強方法を選択するのもよいでしょう。

また、独学は予備校に通うよりも、費用がかからないのもメリットだといえます。

医学部受験のための予備校は、普通のところよりも料金が高い場合がほとんどなので、金銭的な事情で通うのが難しい方もいるでしょう。

独学を選べば、予備校よりもずっと安い費用で教材を揃えられるため、お金をかけずに勉強を行えます。

ちなみに、独学の勉強方法として、医学部受験に特化した通信講座を利用することもできます。

そちらならば、医学部受験に強い講師が作成したテキストを利用できるので、合格率をアップさせられるでしょう。

もしも、市販されている参考書によいものがないと感じるなら、通信講座の活用を推奨します。

 

予備校で勉強をする場合のメリット

医学部受験のために予備校を利用するメリットは、やはり講師に教えてもらえることです。

独学の場合は知識の吸収は簡単に行えても、分からないところがあった場合の解決は難しいです。

予備校ならば、分からないところがあったのなら、講師に質問すればすぐに教えてもらうことができて便利です。

自身で調べる手間が減り、その分勉強時間が増えるので、効率性を重視する方にピッタリです。

また、予備校の場合は、その地域にある医学部への対策がしっかりとされているケースが多いです。

書籍では全国にある医学部に対応していますが、予備校ならば近くにある医学部に的を絞った対策を行ってくれます。

実際の試験問題を解析した上で、合格できるように教えてくれるので、受けたい医学部がすでに決まっている方には最適でしょう。

ほとんどの予備校では、生徒が合格した医学部を実績として発表してくれているため、そこに自身がチャレンジするところの名前がないか確かめてから入会するとよいです。

 

独学と予備校のどちらが良いのか

独学と予備校での勉強方法には、かなりの違いがあるので、自身に合ったものを選ぶようにしましょう。

まず、スケジュールが自分で組み立てられるのなら独学、組み立てられないのなら予備校を選びましょう。

医学部に合格するためには勉強時間の管理はとても大切なので、自身の特性をしっかりと考えた上で選ぶべきです。

そして、通える範囲内に予備校があるかどうかでも、選ぶべき勉強方法は異なってきます。

素晴らしい評判の予備校があったとしても、そこを訪れるまで時間がかかってしまうのなら、貴重な勉強時間を消費してしまいます。

貴重な時間をロスするのはとても勿体ないので、自宅で勉強できる独学を選んだほうがよいでしょう。

なお、独学と予備校のどちらを選んだとしても、自身に合っていないと感じたのなら、すぐにもう片方の方法を試すことをおすすめします。

自身に合った方法で学習するのが一番なので、すぐに気持ちを切り替えて、新しい勉強方法で頑張ってみましょう。

 

独学と予備校のどちらを使って勉強するのかは、メリットとデメリットをしっかりと把握した上で選ばなければいけません。

そのときは、効率やクオリティを考えるだけではなく、モチベーションについてもしっかりと考えるようにしましょう。

いくら素晴らしい勉強方法を選択できたしても、試験日までモチベーションが続かなければ、合格するのは難しいからです。

最後は自身のやる気にかかっているので、それをサポートしてくれる勉強方法を選択しましょう。

サイト内検索
大阪・京都・神戸医学部予備校ランキング!
第2位 駿台予備校
第3位 河合塾
第5位 メビオ