【医学部の受験対策におすすめ!】大阪・京都・神戸エリアで評判の予備校や塾をランキングでご紹介!

評判が悪い医学部受験のための予備校の特徴とは?

医学部受験は様々な大学受験の中に於きましても最難関と言われていますが、大阪、京都、神戸エリアは人気で、医学部受験に向けた予備校激戦区と言う特徴があります。

予備校激戦区であるが故、大阪、京都、神戸エリアは予備校のレベルが非常に高く、医学部合格に特化したところも多く、手厚い対策で高い合格実績を挙げています。

しかしレベルが高い中にも、医学部向きではない予備校や評判の悪い予備校なども少なからずありますので、予備校の選択が非常に重要なポイントとなります。

 

良い予備校の特徴として挙げられるポイント

まずは医学部受験をする上で良い予備校の特徴として挙げられるポイントが幾つかあり、それを実践している予備校は選択肢候補として検討に値すると言えます。

この傾向は、大阪、京都、神戸エリアの予備校ランキングに名を連ねる予備校に顕著で、良い予備校イコール多くの支持と実績と言う結果に直結していることが分かります。

大阪市内で国公私立医学部合格率85%以上を誇る予備校では、医学部に特化した完全個別医学部指導塾として有名で、コーディネート力が強みとなっています。

コーディネート力とは安心集中し学習に取り組める環境整備のために、医学部専門のプロ家庭教師を派遣し、学習アドバイザーが受験生と家庭教師の間に立ち、全力サポートしています。

また長年の医学部受験対策実績に裏付けられた、ノウハウとデータベースを蓄積し高品質な指導を実現させています。

また学習アドバイザーによる一人一人の受験生への訪問ヒアリングや、個々に合わせたオーダーメイド指導によってよりきめ細かい対策を実現させています。

もう一つ言えることは全国的に知名度が高く、長い歴史を持つ大手予備校は総じて、過去に合格実績を積み重ねたからこそ規模拡大に成功し支持される理由があると言うことです。

そしてその中に於きましても、医学部受験に特化した専門のコースが設けてある予備校を選ぶことが成功への近道と言えます。

 

悪い予備校の特徴として挙げられるポイント

良い予備校とは逆に、選択肢としてはあまり相応しくない評判が悪い予備校の特徴として挙げられるポイントも幾つかあり、十分に踏まえておく必要があります。

その中でまず、合格率の高さを必要以上に主張している予備校は特に注意が必要で、受験生が受けた大学の総数の中の合格校の割合を合格率としている場合があるからです。

例えば受験した大学総数が50校に対し受験生が20人として、30校に合格した場合を合格率6割とカウントしているケースになります。

これはつまり、複数の大学に合格した受験生がいた場合には、合格者数イコール6割に届くとは限らないと言うことです。

また、本来は医学部への入学資格がない一次試験合格者も医学部合格者数に含め、医学部合格者数を多く見せている予備校にも注意が必要です。

もう一つは学費に関する部分が不明瞭だったり曖昧な予備校など、根本的な運営体制に問題があるケースも評判の悪さには大きく影響を及ぼします。

 

予備校選びに成功する為のポイント

医学部受験をする場合の予備校にかかる費用は非常に高額になりますから、見せ掛けの合格率などに惑わされず実績などを十分に踏まえ、選択肢を絞ることが重要です。

予備校が開設しているホームページや、ネット上の口コミなどを活用することも、医学部受験の為の予備校選びに成功する有効なポイントとなります。

 

大阪、京都、神戸エリアは医学部受験の予備校激戦区で、予備校のレベルが高い特徴がありますが、良い予備校もあれば選択肢として相応しくない悪い予備校も少なからずあります。

医学部に合格できる予備校選びに成功するためには、過去の合格実績や歴史、指導システムや学費、運営体制などをホームページ、口コミなどを活用し十分検討することが必要となります。

サイト内検索
大阪・京都・神戸医学部予備校ランキング!
第2位 駿台予備校
第3位 河合塾
第5位 メビオ
記事一覧