【医学部の受験対策におすすめ!】大阪・京都・神戸エリアで評判の予備校や塾をランキングでご紹介!

前へ
次へ

大阪・京都・神戸医学部予備校ランキング!

関西エリアで医学部受験におすすめの予備校を厳選して紹介!

このサイトでは、大阪・京都・神戸エリアにおける医学部受験を目指す受験生向けのおすすめ予備校を紹介しています。

この関西エリアだけでも予備校はかなりの数ありますが、医学部受験となると、一般的な大学受験とは異なる部分も多くなります。大学受験の中でも医学部受験は最難関といわれることもありますし、大学によっては面接や小論文での選考もあるため、これらの対策をしっかりと行っている予備校が、やはり医学部受験のためには適しているといえるでしょう。

関西にある予備校の中には、医学部受験に特化したところもいくつかあり、このような予備校は今回のランキングにも入っています。医学部受験を知り尽くした講師と合格実績が豊富な予備校であれば、難関の医学部受験への対策も手厚いことが期待できます。そして、予備校選びでは学習環境も重要です。おすすめの予備校は、毎日の学習できちんと学力を身につけられる学習環境が整った予備校を選ぶべきだと思います。

大阪・京都・神戸医学部予備校ランキング!

医学部受験に特化したプロ家庭教師による指導

大阪・京都・神戸エリアでの医学部受験でおすすめ第1位としてまずご紹介するのは、「中央受験センター」です。こちらは医学部受験と中高一貫校への受験を得意として関西エリアでプロ家庭教師を派遣しており、医学部受験に特化したコースも用意しています。医学部受験対策においては、大阪市内で国公私立医学部合格率85%以上を誇る完全個別医学部指導塾を運営していることからもわかるように、実績とノウハウを持っており、大学受験の中でも最難関ともいわれる医学部受験で、大きな強みを持っています。

中央受験センターの大きなメリットは、コーディネート力です。中央受験センターの学習アドバイザーは、受験生と家庭教師の間に立ち、安心・集中して学習に取り組める環境整備に全力を尽くしてくれます。派遣するプロ家庭教師は、現役塾講師や予備校教師など、医学部受験専門のプロが揃います。実績はもちろん人柄も重視して採用した家庭教師は、質の高い指導で全教科合格ラインを目指します。また、中央受験センターでは長年の医学部受験対策で得たノウハウとデータベースを蓄積しています。この強みを活かして、高品質な医学部受験対策を可能としています。

学習方法に関しては、学習アドバイザーが一人ひとりの受験生を訪問してヒアリングを行い、それぞれに合った個別カリキュラムを作成。このカリキュラムに沿ったオーダーメイドの指導方法を行います。そして、入試日から逆算した最短ルートで学習を行う「CJC式勉強法」を行うことで、より効率良くしっかりと学力を身につけることができるでしょう。

第2位 駿台予備校
豊富な合格実績に裏付けられた医学部受験対策

医学部受験のための大阪・京都・神戸エリアおすすめ予備校第2位としてご紹介するのは、「駿台予備校」です。こちらは大手の予備校なので知名度も高く、ご存知の方も多いのではないでしょうか。1918年に開校した歴史のある予備校で日本全国に校舎を構えており、関西エリアだけでも大阪、京都、神戸を含む12校があります。

駿台予備校は、医系受験に強い予備校といわれています。実際に、2018年度入試においても国公私立医学部に多数の合格者を出しているほどです。これだけ医学部受験に強いのは、やはり長年の実績から得られたノウハウを活かしたカリキュラムがあること。駿台予備校には、「CANシステム」という独自のカリキュラム体制があります。このカリキュラムは、最新入試問題を研究・分析したテキストを用い、医学部受験を知り尽くしたプロフェッショナル講師による授業で本物の学力を養います。

着実に医学部受験に必要な学力を養成する駿台予備校では、サポート体制も充実しています。プロの講師による良質な授業だけではなく、担任制を取っており、各クラスには担任・副担任がおり受験指導を行います。さらに、個別指導を行うティーチングアドバイザーも連携し、受験生一人ひとりへの指導やアドバイス、保護者との面談なども実施。入試直前の不安な時期にもサポートをしてくれるという手厚さです。

合格実績多数の大手予備校ならではのノウハウとプロ講師による授業、手厚いサポート体制などが揃う駿台予備校は、医学部受験を成功へ導いてくれる予備校のひとつといえるでしょう。

第3位 河合塾
難関大合格へ導く!医学部に特化したコースを用意

大阪・京都・神戸エリアの医学部受験おすすめ予備校第3位は、「河合塾」です。こちらも全国展開する大手予備校のひとつで、高い知名度を持っています。河合塾では、医学部受験に特化した「医進特化校舎」を全国に3ヶ所展開しています。関西エリアでは、大阪校に「医進館」があり、こちらで医学部医学科合格を目指すカリキュラムでの授業を行なっています。さらに、河合塾では医学部受験の合格応援サイト「医進塾」も用意しています。

医進生のみが集い、医学部合格にこだわる医進館では、大阪校医進館のみに設置されているコースとして「医進講座」、そして高い合格率を誇る「ハイパー講座」を受講できます。ハイパー講座は、長年多数の合格者を送り出してきた最強の講師が担当します。実戦向けの問題やハイパー講座専用テキストを用意し、とことん掘り下げた充実した授業、丁寧な添削指導などを行い、最難関大学の医学部現役合格を目指す内容となっています。

河合塾では、講師のほかに「チューター」がいます。チューターは学習状況の把握や勉強の仕方、進路指導などのサポートを行うだけではなく、不安解消や目標・弱点克服、モチベーションの上げ方などのアドバイスも行ってくれます。さらに最新の入試情報を提供するなどして、受験プランニングを行ってくれる、受験のための強い味方となってくれる存在です。もちろん、講師からも学習アドバイスを受けることができるので、勉強方法を見直しながら、医学部合格へ導いてくれます。

一対一の個別授業でしっかりと学力が身につく

医学部受験のための関西エリアおすすめ予備校の第4位は、「メディカルラボ」です。全国に展開するこちらの予備校は、関西エリアに4校があります。

医学部受験に強いメディカルラボの最大の特徴は、完全個別授業を行なっているということ。一人ひとりに合わせて作成された個別カリキュラムを元にプロ講師と一対一のプライベート授業を行い、志望大学医学部合格のために必要な学力を身につけます。1回の授業は、すべて150分に設定されており、この時間内で学習内容の定着を図ります。個別カリキュラムに沿ったプライベート授業だからこそ、わからないところをわからないままで放置せず、生徒の理解度に応じた授業が実現します。学習が遅れている、医学部の受験勉強にまだ入れないという場合でも、「基礎養成期」を設定し、短期間で勉強の遅れを取り戻すことも可能です。また、医学部受験で必要になることも多い面接や小論文対策も、プロ講師がしっかりと指導を行います。

メディカルラボでは、プライベート授業を行う講師のほかに、個別担任制を取っています。受験勉強に関する悩みや不安を解消してくれる存在で、親身に対応してくれる担任は、保護者との連絡も取りながら保護者の不安も取り除いてくれます。さらに、メディカルラボには質問専任チューターも在籍。年代が近く相談しやすいチューターに、学習においての疑問点などを何でも質問できる環境となっています。

医学部受験を知り尽くしたプロ講師によるプライベート授業で着実に学力をつけたいなら、メディカルラボがおすすめといえるでしょう。

第5位 メビオ
入試日直前まで集中して勉強できる環境を提供

医学部受験のための関西エリアのおすすめ予備校として最後にご紹介するのは、「メビオ」です。医学部受験のための予備校には全国展開する大手も多い中、メビオは大阪市内に1校のみを構えています。その理由は、講師の質を重視しているから。指導者の質に重点を置き、人材確保・育成のために校舎を増やすことをしていないのです。それだけに、メビオで指導にあたる講師の質は高く、実績を重ねた講師が揃っています。

メビオでの授業は、得意科目や志望校などによって分けられた少人数制クラスで進められます。学習を進めていく過程で他のクラスの方が適していると判断された場合でも柔軟に対応。一人ひとりの能力を最大限に伸ばすため、必要に応じて最適なクラスへの変更も可能です。また、メビオでの授業は1教科あたり3時間半という長さが基本です。この長さは生徒がわからない点を持ち越さず、最も効果的な時間と考えられています。3時間半集中して学習することで、学ぶ力をしっかりと身につけられます。

入試日まで手厚くサポートを行なっているのも、メビオの特徴です。日々の授業では、講師に加えてサポート専任スタッフも出欠状況や健康管理までをフォロー。さらに、入試日に備えて入試会場や宿泊ホテルの選定を行うほか、入試会場まで講師やサポートスタッフが同行し、入試直前まで直前対策講習も実施します。入試日当日まで勉強に集中できる環境に身を置けるので、安心して入試に臨むことができるのが、メビオを選ぶ大きなメリットといえるでしょう。

関西で医学部を受験するのに最適な予備校情報をまとめました!

私は大阪在住、受験を控えた子どもを持つ専業主婦の和美です。我が家は代々続く開業医の家系で、主人ももちろん開業医をしています。うちには2人の男子がいるのですが、代々の開業医の家系ですから、やはりどちらも医学部へ進学させたいと考えています。長男は無事に私立医大に合格し、医師としての第一歩を踏み出したところです。

1人が医学部に合格したからといって、まだまだホッとしてはいられません。次に控えているのは、現在高校2年の次男の受験です。長男の受験の時には、私なりに関西で医学部受験準備がしっかりできる予備校や家庭教師、塾などをかなりリサーチしていました。

予備校とひと口に言っても、大手の予備校から大阪に1校しかないようなところまで規模もさまざまで、関西エリアだけでも予備校はたくさんありますから、その中でも医学部受験のために最適なところを探すのは、本当に骨が折れました。それぞれの予備校の医学部合格実績やカリキュラムは本当に千差万別なだけに、各予備校の情報を細かくチェックして比較する作業は大変でした。ですが、その努力の甲斐もあって長男の医学部合格も実現したのかな、なんて思っています。

長男の受験の時にチェックした関西の予備校情報は、次に控えている次男の受験の時にも役立つと思いますが、同じように医学部受験を控えた子どもを持つ方の参考にしていただけるかな、と思い、今回医学部受験対策ができるおすすめの予備校情報をまとめてみました

家庭教師から予備校まで、「医学部受験専門」がやはりおすすめ

私が今回の予備校や塾、家庭教師探しで注目したのは、医学部受験に特化したところという点でした。一般的な予備校は、ざっくりと志望ジャンルやコース、学力別などのクラスに分かれているところも多いものです。しかし、今回厳選したおすすめ予備校で共通しているのは、医学部の受験に特化しているという点です。医学部の受験は、大学受験の中でも最難関といわれています。他学部の受験とは違う点も多いようですし、面接や小論文での選考を行うところもあります。このような選考方法を突破するためにも、一般の大学受験を対象としたコースで学ぶよりも、医学部受験を専門としたところでみっちりと学ぶのが何よりもおすすめです。

医学部受験を専門としているのは一部の大手予備校だけかと思っていたのですが、調べてみると家庭教師でも医学部受験に特化しているところがあったのは意外でした。何となく、家庭教師というと一般的な受験対策しかできないというイメージがありましたからね。しかし、今回ご紹介したような医学部受験に特化した家庭教師を派遣するところでは、さすがに派遣する家庭教師の質もハイレベル。医学部受験のノウハウを持ち、高い実績を持つプロ家庭教師を派遣してもらうことができるんです。家庭教師による指導は、当然ながらマンツーマンでの指導です。受験生に一対一で向かいながら丁寧でしっかりとした指導を毎回受けることができるのが、家庭教師の最大の魅力ではないでしょうか。学力アップはもちろん、医学部合格の期待も高くなるでしょう。

学習した内容をしっかり身につけることを重視

家庭教師に限らず、医学部受験におすすめの予備校では少人数制または一対一のプライベート授業を行なっているところも多い印象がありました。予備校では大人数で広い教室での授業を受けるというところもあるでしょうが、それだけで医学部合格に必要な学力をつけることは簡単ではないでしょう。その意味でも、少人数制やプライベート授業を受けられる予備校は、おすすめできますね。

予備校に関しては、全国展開をする大規模な予備校から関西に1校のみという小規模予備校までがありました。規模の大きさで良し悪しを決めることはできませんが、>大規模には大規模の、小規模には小規模の良さがある</spanと感じました。

たとえば大規模予備校であれば、それだけ生徒数も多いので過去の実績や受験データ、傾向などの情報をたくさん入手できます。これにより、志望大学の過去問題や出題傾向などを参考にして、効率の良い学習ができる期待も持てます。また、大規模校の中には医学部受験に特化した校舎を設けているところもありました。このような予備校であれば、集中して医学部受験へ向けた勉強ができるでしょう。

小規模校の場合は、それほど多数の実績や受験データが得られないとしても、受験生一人ひとりに手厚いサポートができるメリットがあるでしょう。また、講師の質も高いレベルをキープしやすいといいますから、受けられる指導の質も高くなることが期待できます。この良し悪しは、受験生ご本人やその親御さんによってどちらが適しているかの判断は異なりますから、それぞれの予備校をチェックして比較するのをおすすめします。

そして基本的に医学部予備校は、生徒の理解度を重視しています。医学部に限ったことではないですが、特に医学部の受験では学習内容をしっかりと身につけることが基本中の基本だと考えられているようです。授業でわかったつもりでも、それが身に付いていなければまったく意味はありません。ですから、授業ごとに学習内容の定着度にこだわっているところも多いと思います。このこだわりが各予備校によって異なるのも、おもしろい点ではないでしょうか。

たとえば、今回ご紹介している予備校の中には、50分を1単位としているところもあれば、比較的長めの授業時間を設けているところもありました。長いところは1コマあたり2時間以上もの長さだったりするので、ダレてしまわないかと思ってしまうのですが、この長さは着実に学力をつけるために最適な時間数と考えられているようです。学習したことをただ単に「学習した」で終わらせず、受験へ向けて身につけられるように配慮がされているということなんですね。この授業時間の長さについても、合う合わないが出てくる要素だと思うので、授業時間数についても事前にチェックしておいた方がいいでしょう。

授業の内外で学習環境が整うところが多い

個別でのプライベート授業がない予備校では、クラスでの学習においても、生徒一人ひとりの学力を見極めて個別に組まれたカリキュラムを元にして進められるところも多くなっています。ざっくりとテストなどによって分けられたクラスでの学習よりも、個別の学力や学習状況などによって組まれたカリキュラムに沿うことで、より効率良く学力をつけられるようになっているようです。

医学部受験におすすめの予備校は、学習環境が整っているという特徴も共通しているかと思います。どこの予備校でも、クラスでの授業の前後に自習ができるスペースが用意されています。すぐそばに講師が控えている部屋が隣接しており、自習中に疑問点などが出た場合でも、すぐに講師に質問をできて疑問を解決できる環境にあるというのも、学習をする上では意義があるのではないでしょうか。

自習室が完備されているのは当然として、講師のほかにクラス担任やティーチングアドバイザー、チューターなどのサポートを行うスタッフが控えている予備校が多いのも、今回おすすめしている医学部予備校の特徴です。良質な講師による授業を受けるだけにとどまらず、日々の受験生活の上で抱えることも多い不安な面をサポートしてくれるスタッフの存在が常に身近にあることは、最難関の医学部受験を控えた受験生にとってはとても安心感が高いのではないでしょうか。これらのスタッフは、校内での学習面や学習計画の策定なども担当してくれるほか、健康管理まで行ってくれる場合もあります。中には受験生が勉強だけに集中できるよう、入試日のホテル予約や入試当日の同行を行なったり、本番ギリギリまで対策講習を行ってくれたりという手厚いサポートを行っている予備校もあります。医学部受験に不安を感じている、できれば手厚いサポートを受けたいという場合には、このようなサポート万全の予備校がおすすめといえそうです。

今回おすすめしている医学部受験に最適な家庭教師・予備校は、医学部合格に強みを持っているのは当然ながら、サポート面でも充実しているのが共通している点です。ただ勉強をするだけなら、他の予備校でもできることです。医学部受験を前提として、しっかりと志望校合格へ向けたプランの策定や学習内容の決定、スケジュール作成などを経て、日々の学習で着実に学力をつけられるのが、医学部合格のためのベストな予備校だと個人的には感じています。

簡単には突破できない志望大学医学部で合格を掴むためには、受験準備のための予備校選びがとても重要です。今回のランキングに入っているおすすめ予備校は、学習カリキュラムや学習環境、サポート状況などがそれぞれ大きく異なります。今回ご紹介した情報を参考に、最適な学習環境を得て、医学部合格への第一歩を踏み出してみてください。

 

記事一覧

記事がありません

表示する記事はありませんでした。